こんにちは。管理栄養士ユリコです。

今回は、気づきにくい「もう一つのアレルギー」についてひらめき電球


アレルギーには、すぐにくしゃみや発疹が出る「即時型」

「遅延型」と呼ばれる、数時間~数日してから症状が出るものがあります。

「遅延型」の症状は、肩こり、鬱、倦怠感、偏頭痛、肌荒れなど、多様なので原因に気づきにくいそうです。
検査は病院でもできますが、保険外で高額なので、アンブロシアという会社がアマゾンで販売している、

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]を自分で購入して調べました。




付属のキットで、指先から少量の採血をし、検査機関に郵送すると・・・・

2週間程で、こんな感じの結果が届きます↓


96種類の食品について調べられるので、これはその一部。

私は、即時型の食物アレルギーは全くありません。

しかし!

牛乳、グルテン、玉子などで、比較的高い反応がでてびっくりショック!

遅延型食物アレルギーについては、懐疑的な意見もあります。
とりあえず私は、
牛乳→豆乳 
グルテン(小麦製品)→ごはん食
玉子→ばくばく食べない

こんな感じで、ゆる~く制限して様子を見てみようと思います。

<10カ月後(平成29年12月現在)の感想>

あくまでも私個人の感想ですが、反応が強く出た牛乳を豆乳に変えてから、肌荒れやダルいと感じる日が明らかに減りました。

これが、アレルギー反応の改善なのか、豆乳の栄養価によるものなのかは不明ですが、調べてみることでスッキリしましたし、気になる症状が改善するきっかけになったので良かったと思っています^^
検査キットはこちらで買えます♪

ランキングに参加しています。

ぽちっと応援して頂けると嬉しいです音譜

いつもありがとうございますドキドキ

スポンサーリンク