こんにちは!2歳~90歳までをメイクしてきた現役ヘアメイクのユリコです^^
「眉毛はとても大切!」と以前の記事でお伝えしました。

今日は一歩進んで、お手入れ後にどうやって描くとよいか・・・という点をお伝えしたいと思います。
それでは、前回も出てきたこちらの基本形を見てみましょう。

©ユリコ

前回の記事を読み、眉毛を整えているものとして進めていきますよ♪





簡単!基本の眉の描き方

基本編で使う道具は、眉ペンシル、眉パウダーです

ペンシルは鉛筆タイプやくり出しタイプなど、使いやすいものを選んでいただいて良いのですが、
グレーや黒は初心者には難しいので、黒髪の方でもダークブラウン~ブラウンがおすすめです。

パウダーは数色入りのものがおすすめです。
自分用にはケイト アイブロウ デザイニングアイブロウ3D EX-4 ライトブラウン系を使用しています。

3色入っているので自然に眉頭~眉尻の濃淡がつけやすく、付属の筆も優秀なのでお気に入りです♪

描く前に、自分の眉を観察してみましょう!

毛の一本一本はどう生えていますか?

©ユリコ

殆どの眉は上の図のように生えています。
眉頭はに向けて、眉尻に行くにしたがってに生えてきます。

眉が薄く、眉尻が無い場合もありますね。

さて、描いていきます

あればコームで毛流れを整えるとよいですが省略してもいいです。
端から書きたくなるところですが、下の図のようにまずはペンシル眉山から描きましょう!

©ユリコ

毛流れに沿って、欠けている部分を埋めていきます。
眉尻は自然に細く、眉頭より下がらないように、気を付けてくださいね!

次にパウダーに代えて、ペンシルで描いた①~②の部分をぼかしていきます。

最後に、パウダーが残った筆で③の眉頭を描きますが、外から中心に向かってごく薄くぼかす程度でOKです!
眉頭が濃くなると、「描きました感」が出てしまい、眉間が狭くなると気難しい印象を与えてしまいます。

眉は練習あるのみ!

眉を描いていて、

なやみ

いつも通りに描いているのに、今日は調子が悪い・・


と思ったことはありませんか?

実は眉のコンディションは顔のむくみ具合ファンデーションののりで、繊細に変わってしまうんです!
毎日、微妙な変化に対応つつ工夫して描くことが必要です。

大変ですが、ほんの少しで印象がUPするパーツなので、ぜひ色々試してみてくださいね!

やりづらい所や分からない所は、
お問合せからご質問いただければお答えできるものにはお答えしてまいります!

ぜひメイクを楽しんでくださいね^^

スポンサーリンク