こんにちは。ヘアメイクユリコです^^

先日、ヘアセットのお客様がいらっしゃいました。

ピシッとスーツを着こなし、これから面接を受けられるとのこと。

スキルアップの為に転職活動をされており、

「久々の就活で髪型がわからないし、自分でうまくできない・・・」
とお悩みでした。

営業事務のお仕事を希望しておられたので、

私なりに

ユリコユリコ

どんな事務職の方と働きたいかな・・・?


と考え、
個人的に勉強していた心理学の見た目の印象も加えて、アドバイスとセットをさせていただいたところ、

トントン拍子に面接が進み、先日ついに社長面接(ほぼ内定)用のセットをさせていただきました!
もちろん面接を通過したのは、お客様の能力が高いのが一番の理由ですが、
私もお力になれてとても嬉しかったので、シェアさせていただきますね(^_^)



「面接通過ヘア」のポイント3つ


私が作ったスタイルは、特に変わった所はないシンプルなハーフアップです。
その時にお客様にお伝えしたのは

  1. 髪の質感はツヤ重視
  2. 耳を出す
  3. できればおでこも出す

というたったの3つです。

この3つがクリアできれば、自分でセットしても大丈夫♪
それでは、順番にご説明しますね。

その時の精神状態がもろに出やすい「髪の質感」

その人の心を映し出すのが、髪の質感です。
しっとりツヤツヤの髪の毛は、あなたを「ちゃんとした人」に見せてくれます。

逆に「髪の毛を振り乱して○○する。」という表現がある通り、
ぱさぱさで毛先が散らばっていると、「余裕がない人」「ガサツな人」に見られやすいのです。
艶を出そうとしてスタイリング剤をつけすぎるとベタついて逆効果なので、

まずは、きちんとブローやコテで髪の毛の表面を滑らかにすることが大切!

オイル系のトリートメントやクリームを、ほんの少しなじませるのが正解です。

耳が出ていると社交的に見える?!

面接ではおじぎをする場面が何度かあると思います。
その時に髪の毛が顔にかかったり、鬱陶しそうにかき上げたりすると、あなたも面接官も気が散ってしまいます。

耳を出しておくと、「あなたの話を聞きますよ」という受け入れの姿勢が表現できると言われています。

人に対してオープンな印象を与えるので、ぜひ耳は出すようにしましょう。

おでこは出した方が信頼感UPにつながる

おでこも出した方が表情が明るくなり、信頼感UPにつながるのでおすすめです。
でも、おでこ全開はちょっと無理…!と思ったら前髪を軽く流したり、隙間を作ったりしみましょう^^
これだけで、良い意味での抜け感がでて表情が明るくなります。

パッツンとした重い前髪や、眉毛が見えない前髪は、ミステリアスな印象になり面接には不向きです。

好感度アップのメイクはどうする?

髪型はばっちり!でもメイクはどうしよう・・・?
初対面の人の好感度がアップするメイクのポイントをこちらの記事にまとめましたので、
よろしければ参考になさってください。

個人レッスンも承っております。

見た目に自信がでると、相手にも伝わります。

あなたの良さが100%伝わるように、就活頑張ってくださいね^^

スポンサーリンク